スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育環境 Version.02 オビタイガーサラマンダー

DSC_0401.jpg
前回と何が違うのかというと、メンテが減るように水を張っただけ。

前回:
1.鈴木製作所 プラケース(フラット)37cm×22cm×H16
2.イトスイ コメット 上部フィルター用 交換用高密度マット
3.ロックシェルター HG LH RX-87
4.GEX ウォーターディッシュ S



今回
環境:
1.鈴木製作所 プラケース(フラット)37cm×22cm×H16
2.イトスイ コメット 上部フィルター用 交換用高密度マット
3.ロックシェルター HG LH RX-87
4.ヘゴ板(18×22.5×2.5cm) ← NEW!!

水を張った分水入れがなくなって、陸地用にヘゴ板が増えただけ。
ヘゴ板は、ハチクラで売ってるSサイズ(約18×22.5×2.5cm)

DSC_0004_20120310160640.jpg
ただこのヘゴ板、しばらく灰汁が出る。買ってしばらくは、水につけておいた方がいい。
水がまっ黄色になってしばらく使い物にならなかった:(;゙゚'ω゚'):

これだと好きな時に泳げるし、乾かないし、適度に乾燥したところにも
自分で移動できるし、好きにしてねってことでね。

特に問題なくぶっくぶくに太っていい感じだ(*´∀`)


おわり
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://makireptileslife.blog.fc2.com/tb.php/150-89bce64e

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

アクセスカウンター

プロフィール

Maki

Author:Maki
爬虫類飼育記録メイン。ちょいちょい日常。

月別アーカイブ

2017 / 11
-5121926
-6132027
-7142128
18152229
29162330
3101724-
4111825-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。