スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロンビアレインボーボア(コロ虹) 出会い 後編

Columbia110722-2
写真は約2か月経過。26g→111gへ。どんどんデカくなってきて、早速少し黒ずんだ?

前編の続き

とはいえボールパイソンの性成熟の拒食には、あと2年くらいはあるだろう。
コロ虹も出来れば小さいうちから飼って成長を楽しみたいと思っていたが、
コロ虹の小さいのなんてそんなすぐ手に入らないだろうと思っていた。

5月某日、爬虫類の餌を購入するため仕事終わりにハチクラさんへ。
このハチクラさん、職場から近いのでとても便利なのだ。

1階はそこそこに2階のヤモリ、ヘビコーナーへ。

いつも通りニシアフリカトカゲモドキの前でうっとりし、レオパのモルフを
一通り確認し、雌クレスの派手なヤツいないかなぁと確認しながら
ヒガシアフリカトカゲモドキが起きてたら今日はLucky Day☆くらいの
気持ちでチラ見してヘビコーナーへ。

いつも通りブラックテールクリボー様のプラケを全角度から確認し、
コーンスネークのモルフを一通り確認、ブリザードを拝み倒し、
棚の上の段の色んな子蛇がごちゃごちゃっとしたところを何気なく見てみたら
「コロンビアレインボーボア」の文字。

ブワッと汗が出た。やばい、早すぎる。
だがしかし!コロ虹なら雌と決めていたのだ。まだだ、まだ終わらんよ!

性別が書かれていない。なんで店内でヘルメッ・・・髪型だった。そして黒縁メガネで
関西弁のはんなりした感じの女の子に色々相談した。2匹いて、1匹が雌との事・・・。

というわけで、大汗かきながら購入に至った。

購入時に、雌のほうが成長が遅いと報告を受けた。(♂♀一匹ずついて、双方を比較した場合)
そんなにデカくなられてもな・・・と思い連れてきたが、爆食である。

ピンクマウスのMからスタートしたが、現在はピンクラットSやファジーマウスM爆食中。
次はもっと大きくしないと駄目だろう。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://makireptileslife.blog.fc2.com/tb.php/20-af17ca5c

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

アクセスカウンター

プロフィール

Maki

Author:Maki
爬虫類飼育記録メイン。ちょいちょい日常。

月別アーカイブ

2017 / 11
-5121926
-6132027
-7142128
18152229
29162330
3101724-
4111825-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。