スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緩やかながらも順調に成長 アンティルピンクトゥー

DSC_0003_20140121133508731.jpg
もう三回目くらいかの脱皮が終わったアンティルさん。

すごい神経を使うし、ほぼ張った糸の中に隠れているので中々撮れないんだけど、床材交換も兼ねて。
これでも結構大きくはなった。撮っても肉眼で見る色とだいぶ違うのが悔しい。胴体が隠れてるけど、今のところまだ胴体も真っ青。

今はバードイーターでブラジリアンブラック、ツリーのアンティルピンクトゥー、バブーンのサウスアフリカン、その他…とタランチュラいるけど、ツリーが一番難しく感じる。ブラジリアンブラックの安定具合と行ったら…。

ツリーはとにかく日頃のメンテも意識して短時間にして極力放っておくのがポイントかと思われる。過干渉すぎると弱る。メンテが下手こいてその辺やたらウロウロさせたりすると弱るよ。

まだ気が抜けないけど、弱い時期超えた感あるかな。地表にコオロギ2,3匹撒いておけば勝手に食べてくれるし。床材はバブーンと違って交換しやすいから、何気に1ヶ月半に一回くらいは全交換してるかな?

霧吹き頻度が多いのと、上蓋に糸張りやがるので水入れに注水するのがうまくいかなかったり、徐々に床材がベチャってくる。ベチャると体調崩すのでベチャってきたら手際よく下の写真の入れ物にサッと移し、短時間で床材も交換し、刺激を与えないようにカップに解放。本当難しい…。



DSC_0009_20140121133510818.jpg
何だっけこの入れ物…。メンテの時にはこれに入れる。これに入れて戻すときに雑に扱うと弱るよ。

とにかく弱い。オーナメンタルは割と強いと聞くがどうなんだろうか。正直飼ってみたい気もする。

自然に扱っていいのはブラジリアンブラックくらいかな。サウスアフリカンも巣作りに一ヶ月半くらいかかったし…。バブーンは巣さえ作ればだいぶ安定する。

でも手間がかかる分愛着もひときわだし、それなりに楽しいよ!
ただプラケースの上蓋に糸つけて開かなくするのは本当勘弁して(涙



おわり

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://makireptileslife.blog.fc2.com/tb.php/363-04eb4cad

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

アクセスカウンター

プロフィール

Maki

Author:Maki
爬虫類飼育記録メイン。ちょいちょい日常。

月別アーカイブ

2017 / 10
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。