スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工飼料 フトアゴヒゲトカゲ

futoagofood111005-2.jpg
明らかに同日にとってるだろwwっていう写真を連発しております。
でもこの写真なんか気に入ってて・・・wwすんませんww

フトアゴ記事連発してて反省。今まで飼育してきた動物達と比べると結構大変で、
書くこといっぱい。まだまだつづくかも・・・。

今回は、フトアゴ用の人工飼料について。

今は各所でフトアゴ飼育者の方からご助言を賜りまくっており、現在の大きさでは
あまり植物性のものを上げるのは気にしなくて良いどころか、この時期はあんまり無理して
あげてもよくないこともあるとの事で、今のところは、野菜は一切あげていない。

ただ、人工飼料の中に小松菜とか季節の野菜成分が入っているのがあって、それを
あんまりあげすぎない程度に混ぜている。

あげようと思って購入した人工飼料はこの2つ。
futoagofood.jpg

1.Repcal 幼体フトアゴヒゲトカゲフード(左)

現時点では見向きもしない。餌っていう認識すらないレベル。今はコオロギの餌と化しております\( ^o^)/

原材料:
コーンミール、家禽副産物ミール、大豆ミール、りんご繊維、炭酸カルシウム、ビタミンC、
塩化コリン、乾燥ビート果肉、植物油、メチオニン、スピルリナ、ビタミンE補助剤、硫化鉄、塩化カリウム、他

ふむ・・・。ほほぉ・・・。全然わからんww


2.サムライ・ジャパン Bearded Dragon Food(右)

全長15cm、13gの時期から食べてくれたって点では非常に優秀なのかなと。
ただ、食べてくれるのは最初の1口、2口だけ。それでも充分かなと。

原材料:
クリケットパウダー、小松菜パウダー、チンゲン菜パウダー、季節の野菜パウダー、
魚粉、馬鈴しょでん粉、飼料用酵母、りん酸カルシウム、カボチャ種子末、カンゾウ末、
オオバコ種子末、スイカズラ花末、食塩、炭酸カルシウム、乳酸カルシウム、
ビタミン(A,B1,2,16,12,D3,K3,C)等

クリケットパウダーってなんかすごそうwwなんか原材料頭に入りやすい。

futoagofood111005.jpg
はじめは細かい粉で、水を適量混ぜて練って使うのだが、粉のままカルシウムと混ぜて
コオロギに付着させたりとかも出来て、餌付けやすいと思う。

毎日はあげてない。基本コオロギでたまにコオロギMSくらいの大きさのを1個だけとか、
活コオロギに粉のまま付着させたりとか、不定期にちょいちょい混ぜ混ぜ。

といってもRepcalはとても安いから、粉の段階でRepcalにかけてそっちも餌付けれれば
コストが落とせるかも・・・とか悪だくみを考えていますwwそれはまた出来そうだったらおいおい・・・。

おわり





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://makireptileslife.blog.fc2.com/tb.php/79-4952d07c

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/10/06 09:50

Maki

サムライ・ジャパンのせいでそんなことになりましたか?ww
  • URL
  • 2011/10/06 16:10

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

アクセスカウンター

プロフィール

Maki

Author:Maki
爬虫類飼育記録メイン。ちょいちょい日常。

月別アーカイブ

2017 / 07
-29162330
-310172431
-4111825-
-5121926-
-6132027-
-7142128-
18152229-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。