スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレステッドゲッコー(オウカンミカドヤモリ) 出会い 後編

crestedgecko110715

当時、飼育用品も一切ない状態だったので合わせて全部買ってしまおうと思い
店員さんにいろいろ見繕ってもらった。

ケージは店にいるままの状態がいいだろうということで、売ってるままの状態の
アクリルケージとコルクバークのセットを中古品として安く譲って頂いた。

1.ヨーロッパイエコオロギML30匹(店舗では食べていたらしい・・・後述)
2.マルチパネルヒーター8W
3.餌やり用のステンレスピンセット
4.アクリルケージ(中古)
5.コルクバークセット(サービス)
-別店舗にて-
6.ペットシーツ(ワイド)、
7.プラスチックケース(虫かご)
(初期ケージレイアウトはまた改めて)

順調に思えたが、お迎え後が大変だった。
コオロギを全く食べないのだ。

ただただ毎日コオロギの頭を潰しては捨てる日々・・・。そのまま5日経過した。

ショップに電話で相談したが解決できず、別の爬虫類ショップに相談する事にした。
高円寺のWOMA+さんだ。

クレステッドゲッコーフードが店舗に置いてある店ということで、
これなら食べるかもと思い早速買いに走った。

眼鏡のお兄さんに相談したところ、WOMA+さんで購入していないにも関わらず
多くの助言を頂いた。(ケージセットアップ方法、温湿度管理、輸入時点での状態等々)

とりあえずクレステッドゲッコーフードを口につけて様子を見てみると良い
との事だったので、温湿度計とクレステッドゲッコーフードを合わせて購入した。

早速帰って与えてみたところ・・・普通に食べた。泣いた。
帝はその後2か月間全ての生き餌を拒否し続け、クレステッドゲッコーフードのみで成長した。
(2か月後に食べはしたが、生餌は全般的にあまり好きではない様である。)

未だに自力では食べようとせず、毎回毎回わざわざ餌用台に乗せてスプーンを近づけないと食べない。
ただ、その時ウンコもオシッコもするので、ケージがあまり汚れないから良しとしよう。

お迎え日(2010/9/18)から現在(2011/7/15)まで、病気も怪我もなく、健康である。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://makireptileslife.blog.fc2.com/tb.php/9-fec2a0a8

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

アクセスカウンター

プロフィール

Maki

Author:Maki
爬虫類飼育記録メイン。ちょいちょい日常。

月別アーカイブ

2017 / 09
-3101724
-4111825
-5121926
-6132027
-7142128
18152229
29162330
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。